≪プロフィール≫

cafelattecat

Author:cafelattecat
国際結婚を経て、中国で女児出産♪国際結婚ならでは(?)の出来事をつづります。

≪FC2ブログランキング≫

FC2Blog Ranking

いつも見てくださってありがとうございます!よろしければ、ポチっと一押しお願いします♪

≪カレンダー≫

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

≪最近の記事≫

≪最近のコメント≫

≪カテゴリー≫

≪Wedding Anniversary≫

*script by KT*

≪ららちゃんはいくつ?≫

≪ご訪問ありがとうです♪≫

≪パンv≫

≪リンク≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンガルーケアとベビーマッサージ

ららちゃんを出産して、早1年が経過kao01

ららちゃんは、第一子なので私にとっては当然初めての出産でした。

よく、「怖かったでしょう?」「すごいね、中国で出産なんて!」と
言われたこともありましたが、初めての出産なので、
比べる対象がないし、何が違うのか、それが普通なのかそうじゃないのか、
わかるわけもなく、あれよあれよと言う間に過ぎていきました。

まぁ、分娩台がただのベットだったり、
肛○に指を入れられて、子宮口の開き具合を調べたり、
それ以前にも、定期健診でええええ???と思うこともあったり。
(→くわしくは過去記事をご参照くださいw)

中国で出産して思うこと。
わたしにとっては、それが「中国」だから、不安なんじゃなくて、
言葉が通じず、地元じゃないから不安だったりしたかもしれません。
もちろん大変な緊急事態が起こったわけじゃないので、
なんとも言えないところですが・・・。

日本で出産される方の中にも、里帰り出産する人が多いように、
やっぱり自分の生まれ育ったところで産むのが一番安心なのかもね。

1年経過した今、なぜこのようなことを書くのかというと・・・

地元の子育て応援誌に「カンガルーケア」「出産後の授乳」について
書かれてあったのを読んで、改めて中国での出産を振り返ったからです。

北京や上海のような大都会ではどうか知りませんが、
おそらく中国の多くの産院や病院では、
ほとんど生後すぐに順調であれば母子同室。

授乳も超スピードで、出産後すぐ。

ところが日本では、母子同室じゃないところも多いんですね!!
小さく生まれた赤ちゃんだけではなく、
標準の赤ちゃんでも、別室に入れられて、
会いに行かないといけなかったり、
すぐに抱っこできなかったりする病院も多いなんて・・・。

それは私にとって逆にカルチャーショックでした(笑)

ベビーマッサージについても、
あちらでは1日目から病院で開始してくれて、
もちろんやり方も教えてくれたりしたけど、
日本ではそういう教室が産院や病院とは別にあったり・・・。

ららちゃんにも生まれたその日にBCGの予防接種が!!
(これ、最近気づいたんだけどw)

国・・・というか、病院によっていろいろ違いがあり、
どこで産むにしても「郷に入れば郷に従え」ってことなんでしょうね。

もし・・・もしのことですが、
ららちゃんに弟か妹が出来たら、
このままいくと日本で出産になって・・・
病院できっと「!!!」な出来事がたくさんあるんでしょうね。
それもそれで楽しそうです♪


この間、買い物にいったら、国産鶏むね肉が100g49円でした(安い・・・ですよね?)ハート
テキトーに切って、テキトーに衣つけて揚げた鶏カツ。
形はイビツだけど、結構ウマーうふ
鶏カツ

FC2ランキング再開しました。
1日1ポチ、嬉しいです!うふ
b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ : 国際結婚 - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠経過と出産記録

妊娠経過記録と出産記録です

妊娠経過記録

     7ヶ月目の定期健診
     便秘笑
     虫歯の治療
     8ヶ月目の定期健診
     8ヶ月目の定期健診②
     9月目の定期健診
     中国の産休制度
     
出産記録
     出産記録①~破水~
     出産記録②~陣痛~
     出産記録③~Babyとの出会い~
     出産記録④~退院まで~
     出産記録⑤~母子同室~
     出産記録⑥~中国の産後~
     出産記録⑦~中国での体重管理~     

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

出産記録⑦~中国での体重管理~

そういえば、妊娠中の体重管理について今まで何回か書いてきましたが、
やっぱり気になるので、ここで改めて

と言っても、主に日本と中国の比較ですけど・・・

十月十日(とつきとおか)と昔からよく言われるように、ほぼ10ヶ月間が妊娠期間。
この期間、赤ちゃんの成長のためにも、母親の栄養摂取は重要課題

しかし、体重をどんどん増やしていっていいものではない

日本では、一週間に500g以上増えたら要注意!と言われた
「妊娠中毒症になるかも」っと・・・

中国では、何も言われなかったので、あえて
「わたしの体重の増加ペースはどうでしょう」
と聞いてみた

すると、
「そうねぇ~、一週間に1kg以上増えたら注意したほうがいいかもね」
的な答えが返ってきた
そのくらい、あまり体重については厳しく言われない。

というか、子供の分まで2人分!という考え方です

健診のたび、周りを見渡すと、すっごくお腹の大きな妊婦さんがたくさん
聞こうとしなくても聞こえてきてしまうプレママさんたちの体重
(というのも、待合室に体重計があり、公開体重測定されてしまうため)
平均で20kgくらい増えている人がわらわらいるようです・・・。

そうして臨月。
トータル10kg増えたわたしのお腹を見て、先生が一言。
「これで臨月?!日本人は本当にみんなお腹が小さいわね」
と心配そうな顔で何度もお腹周りを測定されました・・・。
ちょっぴり心配になり、調べてみたら、お腹周りも子宮底長も日本人の平均でした。
(確かに生まれてきたら、ちょっぴり小さかったですけどね・・・)

と、まぁ、戸惑うことも多かった妊娠生活。
さて、今の体重はいかほどでしょう。
最近家の体重計の調子が悪く、計ってません
でも、出産2日後に病院で体重を量るチャンスがあって
どのくらい減ったかわくわくしながら計ったら、なんと出産前のマイナス1.5kgでした。
が~~~ん
・・・・・・・んん?どういうこと?
ららちゃんは、ジャスト2500g、羊水は?胎盤は?
体重計、壊れているんじゃないだろうか、目を疑ったひと時でした・・・。

早めに体重計を調整して、量りなおそう・・・。

テーマ : 妊娠・出産 - ジャンル : 結婚・家庭生活

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。